トリマー ムダ毛処理 方法

トリマーを使った正しいムダ毛処理の方法

肌に優しいムダ毛処理法であるtりまーは、上手に使えばとっても便利な道具。上手くトリマーを使ってムダ毛処理を行うポイントとしては…

 

トリマーで完璧にムダ毛を処理できると思わないこと

 

がポイントになってくるかと思います。トリマーを使った処理法で一番良く聞くクレームが「全然取れなかった!」「剃り残しがありすぎてもう使わない!」などといった、剃り残しによるトラブルです。

 

 

トリマーはお肌に当たる面積を最小限にしていますので、奥深くまで剃りこむことは出来ません。そのせいで剃り残しがあるように思われる方が多いのだそう。

 

 

確かにトリマーをメインの処理法として行うのはちょっぴり物足りなさを感じます。私がお勧めするのは、緊急時の処理法としてトリマーを活用するという事。

 

 

●デート直前、剃り残し発見!
●海やプールで、しまった!アンダーヘアの処理が甘かった!
●鏡を見てびっくり!口周りの産毛の処理を忘れてしまった!
などなど…。色んな状況で「しまった!」があると思いますが、そんな時はトリマーでの処理がとっても便利なんです。

 

 

先ほどもお話したように、お肌に刃が当たる面積を最小限にしているので、水無しでどこでも剃れちゃうのがポイントなんです。

 

 

もちろん乾いた肌に直接使っても問題ありません。「ヤバい!どうしよう!」という時でも、カバンに一つ忍ばせておくだけで「良かった〜!」ということもあるはずです。特に夏場は薄着になりやすいので、女性の身だしなみとしておすすめしたいムダ毛処理法です。

長期的に考えるとこちらがお得

どうしても自己処理には限界があって、お肌をキレイに保つのは難しくなります。ずっと処理していると肌自体が回復不能なくらいに傷ついてしまう場合もあります。

そういう肌トラブルを考慮して、脱毛サロンでキレイにしてもらう方が長期的には良いと考えています。というのも最近の脱毛は低価格で親切になっているからです。以前のような高額で勧誘があるようなところは少なくなってきています。

ただ、まだ実際にそう言うサロンが存在するのも確かです。こちらに安くて勧誘のない、通いやすい脱毛サロンをまとめてみました。一度見てみるだけでも参考になると思いますよ。

⇒安さと通いやすさで選ぶ脱毛サロン比較

このページの先頭へ戻る